So-net無料ブログ作成

楽天・永井が現役引退発表 [スポーツ]

スポンサーリンク




はい!leverageです!

プロスポーツの世界って、思っている以上に大変なんですね。
プロになるのも大変だけれど、なってからも大変。
1つの競技を極めるってのは、本当に大変なことなんですね。

そんな中、プロ野球の引退のニュースが入ってきました。
皆さん、楽天イーグルの永井怜選手って知ってますか?
楽天が今日、永井怜投手の現役引退を発表したようです。






今回、同世代ということもあり取り上げてっました。
永井怜選手は84年9月27日生まれの31歳で、東京農大二高から東洋大へ進学、
06年に大学生・社会人ドラフト1位で楽天に入団したようです。

09年に自身初のシーズン2桁勝利を達成。
13勝7敗という好成績を挙げチーム2位の躍進に貢献したが、
最近は不調が続き今季の1軍登板はなかったようです。

どんどん若い才能ある選手が入ってくると、
その選手以上のモノを求められますから大変ですよね。
特に体力面では、年を追うごとに衰えますから、現状維持するだけで一杯一杯ですよね。

是非、第二の人生を頑張ってもらいたいですね。
プロという誰でも行けるわけのない世界を経験されたんですから、
違うフイールドでもきっと頑張っていけるはずです!

<永井 怜(ながい さとし)>
1984年9月27日|は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。
藤岡市立神流小学校3年生の頃から「神流リバース」にて外野手として野球を始め、後に内野手、投手を兼任。野手兼任は中学時代いっぱいまで続き、高校生から投手に専念することになる。東農大二高時代は2年生秋からベンチ入り。最高成績は3年生春の県大会ベスト16だった。

東洋大学では、1年生秋からリーグ戦に登板。2年生からエースとして活躍。2005年春の東都大学リーグ戦、対中央大学戦では16奪三振を記録。2006年は春に青山学院大学戦にて2試合連続の完封勝利も記録し、夏の第35回日米大学野球大会と第3回世界大学野球選手権大会のメンバーにそれぞれ選ばれた。東都リーグ通算50試合登板12勝12敗、防御率2.92の成績を残す。当初はプロ野球選手という進路は考えておらず、高校野球の指導者になることを志望していた。このため高校公民の教員免許取得を目指していたが、最終的に2単位足りず取得できなかった。卒業後も単位を取得すれば教員免許は得られるため、いずれは取得したいと語っている。なお東洋大への入学はスポーツ推薦ではなく一般入試である。そのため、ドラフト指名後も試験や教育実習、卒業論文の提出などに忙しく度々キャンプを離れていた。因みに、法学部法律学科である。

2006年、大学生・社会人ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスに1巡目指名を受け入団。 大学時代の背番号は18番だったが、この番号は高校生ドラフトで1巡目指名された田中将大に用意されていたため、永井は30番を提示された。これに対して永井は「奪うくらいの気持ちで頑張りたい。負ける気はしない。」とライバル心を燃やしていた。しかし本人は背番号自体に対する強いこだわりはなく、提示された30番に対しては江川卓を思い浮かべ、「30番といえば江川さん。凄い投手ですけど、そうなれるように頑張りたいです。」とコメントした。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます